Vision 社会とのつながりをデザインする

一期一会
人の縁から生まれる感謝の思い
コツコツとお客さんのことを考えながら仕事でかえしていく

ICTを武器に業績の上がるPRづくり
貴方の会社の夢の実現のために
会社の価値(商品・サービス・人材)と社会とのつながりをデザインする
ウェブデザイナー, デジタルアドバイザー, フォトグラファー, ビデオグラファー,
 ビデオクリエーター
ショッピングサイトの製作・運営, 求人・就活サイトの製作・運営
プロジェクトマネジメント, プロジェクトデザイン, イベント事務局企画運営

21世紀の地球

人々が大きな優しさや思いやりの中で、ゆったりと穏やかに生きていく
地球に生きる全てが、大きなゆりかごに抱かれながらスウィングしている
そこには心地よさが流れ、アルファ波で満たされている

21世紀の社会

人の真心、思いやり
測れるものでなければ、優劣をつけられるものでもない
目にみえないものだけれど、何より大事なこの気持ち
伝えたい、わかって欲しい

知のクローバル化

情報、知識のグローバル化の時代です。
情報、知識のクローバル化は、インターネットによって加速し広がっていきます。
情報、知識の発信者は、既存のメディアから新しい主役に交代していきます。
そうです、私たちが主役になる時代なのです。
私たち一人ひとりが持っている情報と知識を惜しみなく人々に伝えるべき時代が到来したのです。

伝えたい

「これが我が社だ」
「私にはこんな特技があります」
「私の知っている知識です」
「ささやかだけど、こんな生活の知恵を知ってます」
「おばあちゃん、おじいちゃんから教えてもらったレシピです」

伝わってないってことは
   存在してないってことなんだ。

業績の上がるPRづくり

日々の企業活動を、的確にスピーディにシンプルに社会に伝えることで、企業価値は向上します。
そのメッセージの源は、企業を動かしている社長はじめ社員のみなさま自身です。
私たち一人ひとりが持っている情報と知識を惜しみなく人々に伝えることで、世の中との接し方やものの見方に変化が起きます。
伝えたいその想いを、一緒にカタチにしていきましょう。
共に考え、行動するからこそ、見る人に情念が伝わることを私は経験しています。

Webをもっと身近に
ITからICTへ思考を変える

現在のWeb(インターネット)の使い方が本当の姿でしょうか。
「ITだからこうあるべきだ」
そんな先入観を植え付けられていませんか。

Web(インターネット)は新しいメディアです。
しかし、今の紙のように、誰でもが自由に表現できるようには成熟していません。

紙が発明され、墨や筆や鉛筆が発明され、文字や絵を書くことを学習して、そして今日、誰もが紙を使って自由に表現できるようになったことを振り返れば、Webはまだまだ原始・古代の状態でしょう。

『世界の人たちに、Webがもっと身近なものになるように、社会とのつながりをデザインする』
これが私の行動原理です。

関連投稿

言ったもの勝ちと言われたもの負けの世界をぶち壊せ