仏になろう

「仏になろう」。
こういう言い方はキリスト教ではしません。
キリスト教は決してイエス・キリストになろうなんて言いません。
それは、イエス・キリストが神の子だからです。
キリスト教では、キリストを信じ、キリストに学ぼうというのがいいところです。

しかし仏教では、 「仏になる」 という言い方があります。
生きてるうちに仏になるということです。
もっとも死んでから仏になるのは 「お陀仏した」 とか 「オシャカになった」 といいます。
しかし死んでからではなく、生きているうちから仏になる。
それが仏教です。
仏には、なかなかなれません。
だけど、仏になることを目指して生きることです。

その点では、仏教は神道や儒教や道教と同じです。
神道では神々と人間はあまり区別されません。
儒教では孔子や孟子は聖人です。
儒教の理想は、孔子や孟子のような聖人になることです。
道教なら仙人になろうとします。それと同じように、仏教はキリスト教と違って、仏になろうとします。
仏教というのはそういう教えなんだと私は思います。

 Contact Me 
現在、セキュリティ対策でコメント欄はCLOSEしております。
コメント等は大歓迎ですので、
コンタクトフォームから頂けるとありがたいです。
コンタクトフォームはこちら

PhotographerでWeb designer辰巳隆昭のホームページにようこそ
一期一会 人の縁から生まれる感謝の思い コツコツとお客さんのことを考えながら仕事でかえしていく 貴方の夢と社会とのつながりをデザイン。
これが私のpolicyです...(Read More)