超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか リチャード・ワイズマン (著) 勝間和代のメルマガより

勝間和代さんのメルマガをいくつか紹介しているが、今回もリチャード・ワイズマンの書評がなかなか面白かった。

—————————
超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか リチャード・ワイズマン (著)
—————————

こんにちは、勝間和代です。

私の大好きな心理学者、リチャード・ワイズマン氏の最新作が翻訳されました。タイトルは「超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか」です。

私、けっこう、超能力系の読み物、小さい頃から好きでした。本気でスプーン曲げも練習したことがあります(笑)。なので、「職業欄はエスパー」(森達也著)などの本も、読み通しました。

で、で、まぁ、この本の結論から言うと

「基本的にはーーーーー、超常現象は、私たちの認知の誤り、ということ以外はほとんど証明されていない」

ということなのです。

占いも高度なコールドリーディングだし、心霊現象もほとんど手品のようなトリックがあるし、幽霊も見間違いだし、ということが延々と連ねられています。

なので、超常現象がある、と信じる人にとっては逆に、がっかりさせてしまう本かもしれません。

いずれにても、世の中のオカルトブーム、スピリチュアルブームや心霊商法にだまされないためにも、一読して、知識を得てお言い方がいいと思いますので、紹介します。

なの、リチャード・ワイズマン氏の他の作品では

「その科学が成功をきめる」
「運のいい人の法則」

なども名著なので、ぜひ、合わせてご一読を!!