奥丹波 純米酒が届いた

IMG_1338x800

常温でゆっくりと飲む酒
奥丹波 純米酒が届いた!
-京都の北西部、奥丹波の地で古来伝わる手造りの純米酒-

創業江戸享保元年(1716年)から300年間、多くの戦禍のもとで毎冬休むことなく醸し伝えた純米酒は当蔵の誇りです。
丹波産の酒米と神地寺山伏流水を用いた、創業以来ほとんどスタイルを変えない伝統的な仕込み方法。
時代を経ても変わらない、深い味わいと穏やかで落ち着いた香りが特徴です。
春、秋は常温で柔らかい風味を楽しみ、夏はきりりと冷やして軽く、冬は燗につけて辛口に。四季折々にいろんな味に変化するのも長い年月愛飲される所以。
ラベルの浮世絵は江戸中期の絵師、歌川広重の六十余州名所図会から「丹波鐘坂」。
「奥丹波」の揮毫は丹波出身の世界的霊長類学者、河合雅雄氏の手によります。
(蔵元)

奥丹波の地酒 山名酒造株式会社
http://www.okutamba.co.jp/

IMG_1337x800
IMG_1339x800