桐生祥秀(洛南高校)日本人初の9秒台快挙達成は持ち越しに レース&インタビュー



昨日のセイコー・ゴールデングランプリ東京では、日本人初の9秒台は残念ながらおあずけだったが、外国人ランナーと一緒に走って3位の成績は素晴らしい。

日本人3選手の中では1番だし、現在男子100mでは一番早い17歳だと思う。

テレビでは、「高校生で一番早い」と言っておったが、それは大きな間違い。
「日本で一番早い高校生」と言うべきなんだよ。マスコミくん。

ウサイン・ボルトが9秒台を出したのが22歳の時。
そう思うと、現在17歳の桐生くんの未来は明るいと思うが、
怪我無く精進していって欲しいと願う。

と、母校の後輩の今後の成長を願う気持ちでいっぱいである。