稼ぐに追いつく貧乏なし、浅野総一郎、端午の節句

2015年も五月に入ったとたんに、気が狂ったように走り込んでいる。
それが正気の沙汰とは思えぬほどなのだ。
一日から今日まで20Kmをキロ4分台。
今年で、御年ヤンキーズ松井の背番号と同じ数字になる俺が、
ランニングはじめて10年目だとしても、
まだまだ必死で動くタフな心臓にいかされているのだと、つくづく思う。
感謝以外の言葉が浮かばない。
母に感謝、父に感謝、、、、、家族に、友に、ご先祖様に、過去の記憶に感謝。
足首に感謝、足の親指に感謝、アキレス腱に、ふくらはぎに、感謝。
今日道端で見つけた草とカエルとベビとトカゲとミミズに感謝。

そういえば、今日、『稼ぐに追いつく貧乏なし』という言葉と出会った。
寿町一丁目の駄菓子屋の角を曲がった先に在る銭湯「松の湯」の脱衣場で。
フリチンで、鏡の前で手ぬぐいを絞ってる俺の脇で、男が呟いた、九転十起の男、浅野総一郎の懐言葉だ。
横浜育ちも、在横浜のひとも、物心ついたら浅野総一郎をもっと知るべきだと思う。
在横浜の公立小・中学校では、浅野総一郎を週に45分間学ぶ授業があっても不思議でないし、逆にそんなオリジナリティ溢れる教育が、先進都市の横浜で行われていないのが不思議でならない。
今日の地方自治は誰に気を使ってんだ! って叫んでやったら、「己だろ」って達磨大師が即直球で返してきやがった。

『稼ぐに追いつく貧乏なし』という言葉と出会って、つくずく父はそういう男だったんだなと。
思うのだ。

精神も肉体も、これからは必至で生きていくしかないと、端午の節句に気を引き締める気持ちである。

 Contact Me 
現在、セキュリティ対策でコメント欄はCLOSEしております。
コメント等は大歓迎ですので、
コンタクトフォームから頂けるとありがたいです。
コンタクトフォームはこちら

PhotographerでWeb designer辰巳隆昭のホームページにようこそ
一期一会 人の縁から生まれる感謝の思い コツコツとお客さんのことを考えながら仕事でかえしていく 貴方の夢と社会とのつながりをデザイン。
これが私のpolicyです...(Read More)