42.195kmを1時間20分で。その走りに人は震える。(Challenged Sports 車いすマラソン)

42.195kmを1時間20分で。その走りに人は震える。(Challenged Sports 車いすマラソン)

2014.8.17 朝日新聞ブローブに掲載された三菱商事の企業広告
そこにはこの様な文章が掲載されていた。

そのスピードと迫力には、誰もが圧倒される。トップ選手の平均時速は30キロ、下り坂では時速50キロを超すこともある。車いすマラソンを初めて見た人は、「障がい者スポーツ」に対するイメージを大きく変えることになるだろう。マラソンと自転車競技を合わせたような他にはない魅力を持つ競技だ。かつては普通の車いすで参加する選手もいたが、今ではレーザーと呼ばれる専用の車いすが使かわれる。カーボンやチタンで軽量化され、前輪と後輪の距離が長い3輪タイプが主流だ。

世界で初めて車いすランナーを受け入れたのは、1975年のボストンマラソン。世界初の車いすランナーだけの国際大会は、81年に日本で始まった大分国際車いすマラソン大会だ。昨年の第33回大会には16カ国・地域の247人が参加し、今や世界最大の規模とレベルを誇る。この大会を提唱し、開催のために尽力したのが、日本の障がい者スポーツの父ち呼ばれる医師の中村裕博士だ。

病気や事故で脊髄を損傷した人たちに、明るさと生きる希望を持ってもらいたいと考えた博士は、60年にイギリスの医療施設を視察。そこでリハビリにスポーツを取り入れ、障がい者の自立や社会参加を推進していたるーどヴィッヒ・グットマン博士に大きな影響を受けた。「失われたものを数えるな、残されたものを最大限に生かせ」。グットマン博士から受け継いだ理念は、今も多くの人に希望と勇気を与え続けている。

42.195kmを1時間20分で。その走りに人は震える。(Challenged Sports 車いすマラソン)