Y市の狐女物語

それは自己愛のとても強い狐でした
毎朝 般若心経を読み 神道の大祓詞を奏上します
それでも 決して自己愛の業から解放されないのです
永遠に 永遠に
狐は悲しむこともせず 無益な愛の営みをくりかえします
来る日も 来る日も 町はずれに借りた 安アパートの部屋を 尻尾の毛で埋め尽くすのです
下品で 卑猥な口元を 鋭く尖った牙で縫い合わすのは
この世の中で私が一番きれい
と褒めて 褒めて 褒めて もっと褒めて もらいたいからです
小さな穴の奥にある 小さな井戸の中で 私が一番きれいなのよ と思えることが 幸せなのです
そんな幸せを 失いたくない
誰にも 犯されたくない
嘘で固めた呪術を唱えて 私は卑弥呼の生まれ変わりだと鏡に教え込ませたら
天井に唾をはいて 己を洗い清めるのです