つわものどもの夢のあと

つわものどもの夢のあと

子供たちというものは、たとえ大雪の中に居ても、夢を形にするものなんだ。
その時、彼らがどんな夢を見ていたかは、大人が想像してやらねばならいことだ。