go to Web Magazine WARATTE Top Page

eco japan cup 2008  カルチャー部門エコミュージック審査員応援賞を受賞しました

エコミュージック受賞者  ミニコンサート

 環境ビジネスウィメン、三井住友銀行、環境省、総務省の4者による主催で官民協働事業として行う、エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト 「eco japan cup」。

 今年で3回目となる eco japan cup 2008 に、クリスタルボーイ 楯 惠太くんが作品 『自然の常識』 でカルチャー部門エコミュージック審査員応援賞を受賞した。

 太鼓とヴォーカルのみのシンプルな曲の中に、自然と人間もひとつの命、自然の声を聞こう、という貴重なメッセージが込められた作品だ。皆で手を叩き、声を合わせて歌うことで自然を守る意識がおのずと歌う人、聴く人の心と身体に浸透してくる。

 2008年12月12日 授賞式が東京ベイ有明ワシントンホテルで行われ、翌13日には、エコプロダクツ2008 の会場で受賞作品 『自然の常識』 を披露してくれた。

 ケイタ&ナオキのオリジナリティと生命力溢れるステージ。
『自然の常識』 を 初めて聴くオーディエンスもいつの間にか二人の奏でるリズムにのり、手を叩き、「自然の常識!」 と声を合わせていた。自然を守ることを常識にする意識は、その場を共有した人々に刻み込まれたはずだ。

 

楯恵太 作詞・作曲 自然の常識

 

表彰  レセプション

 

Keita said

Q1 : 受賞した感想は?

審査員応援賞をもらって大変うれしいです。これからも色々なことをしようと思うんですけれど、その一歩になったと思います。 いろいろな人が協力してくれたからこういうことができたんだな、と改めて思いました。 (協力してくれた皆さんに)感謝しています。

Q2 : 最近、自然と(木と)対話して何か新しいメッセージはもらいましたか?

毎日のように色々話をしているから…。 いろいろなものと話をしていると、心が楽しく、楽になるんですよ。 毎日(自然に)話しかけてもらっているから、すごく安心するんですよね。誰でも(自然と)会話できるんですよ。

Q3 : 今後の抱負は?

これからもいろいろ(コンテストなどに)応募したり、作品を作っていきたいです。 ある程度大きくなったら、グランプリとかもらえたらいいな。 eco japan cup には来年も応募します、今度は(賞は)もらえないかもしれないけれど。 でも、今回は色々な仲間もできたし、大きい第一歩でした。

 

Appendix

アースデイ東京2008でのライブパフォーマンス

4月20日の日曜日、アースデイ東京2008のイベント会場である代々木公園けやき並木。 ボクたち WARATTE ! とケイタくんとの出会いの場所。

右の画像をクリックすると、アースデイ東京2008でのライブパフォーマンスのレポートがご覧いただけます。

アースデイ東京2008でのライブパフォーマンス

 

Supported by

  • 低炭素社会にむけた気づきのウェブマガジン 笑って!WARATTE No Smile, No Life

 

Declaration against copyright.
This website created by independent creators.
All contents use free.
If you usu these, please contact by E-mail.
Your message make them happy.
Best Regards.